インディーズ音楽レーベル Voltage of Imagination のブログ跡地です(2008/12/26 移転しました)


by ancient-colors

ラカンと赤い盾

こんにちは。最近になってようやく少し涼しくなってきました。もうあの酷暑は勘弁です..


さて、対象a が発売されて3日目となりましたが、オリコンデイリーチャートにランクインしている、という話が飛び込んでまいりました。調べてみましたら、初日が21位で、昨日が16位だそうで…16位 !!?!?

デイリーチャートなので瞬間最大風速だとは思いますが、それにしても、こんなにも色んな方に聞いて頂いてるとは思いもよりませんでした。びっくりするとともに、改めて「ひぐらし」のポテンシャルの凄さに感服するばかりです。

ところで、色んなサイト等を見てますと、タイトルについての言及が結構あるようですので、interface さんの歌詞解説より、少しだけネタバラシをしてみようと思います。あまり公表はしないのですが、interface さんの書かれる歌詞はにはいつも深い洞察があって、歌詞の2~3倍程の補遺があります。今日はそこから一部を抜粋してみます。


□ 対象a

ラカンである。「ひぐらし」の底流にはいつも、ラカンの思想と親和するものが含まれていたように思うのだ。果たして「対象a」については、おのがじし検索を試されたい。私が書くより正確である。切望するけれど手に入らないもの、まず本旨はここにある。

□ ロートシルトRh-

「ロートシルト」はロスチャイルド(Rothschild=赤の盾)のドイツ語読みで、ここではとくに鮮血の赤。「アールエイチマイナス」はその希少性から、先鋭と直覚の表現として用いた。


interface さんがここからどういう思索を経てあの歌詞に辿り着いたのか。それは「ひぐらしのなく頃に解」とどういう関連があるのか。それは楽曲をお聞きいただいた皆様の手で、紐解いてみると面白いかもしれません。


anNina オフィシャルサイト
[PR]
by ancient-colors | 2007-08-24 15:46 | anNina