人気ブログランキング |

サイン会&トークショー レポート その1

2日間に渡った饗旺ノ烈火発売記念イベントは、盛況のうちに無事終了しました。ファンの皆様にはお忙しい中お集まり頂いて、感謝の念が絶えません。本当にありがとうございました。

前回に引き続き、イベントの様子をお伝えしようと思います。今回は2日に渡ったので、ご紹介も1日ずつ。まずは2日に行われたトークショーの様子からお伝えいたします。


■ 4月2日(土)


今日はメロンブックスでトークショー。私と烈火さんはCDにサインを書くために午前中から会場入り。会場も前回の茶太さんのサイン会の倍くらいの広さがあり、本当にお客さんが来るんだろうかと心配することしきり(何か前もそんなこと言ってた記憶が:笑)。

はるかさんと茶太さんは1時間前に会場入りする予定だったんですが、時間が来ても来る気配がありません。どうしたんだろう…と電話でもしようかなと思ってると烈火さんに連絡あり。どうやらはるかさんの模様。

 「プレゼントのマグカップを忘れたので家に取りに帰ったら
  道が混んでて結構遅れます。ごめんなさい。」



…なるほど。


まぁよくあることですね。忘れるのはよくありませんが仕方ありません。こういうこともあろうかと、集合時間に少し余裕を持って設定しておいたんでした。良かった良かった。


…それで茶太さんは?


そのとき今度は私の携帯に連絡が。


 「プレゼント持ってくるの忘れたけどそのまま来ちゃいました
  でも今秋葉原に着いたんですが道に迷ってしまいました。
  線路が見えます。あれ?あれ?ここどこ~?」



…えー


なんかいきなり素晴らしくグダグダな感じです!大丈夫かいな…




そんなこんなで、初っ端からやらかしてくれました両名も遅れながら無事に会場入りしまして、簡単な打ち合わせの段取りをしつつ、談笑しつつ始まりの時を迎えます。烈火さんはさすが演出上手というか舞台上手というか、噂のにゃんこ着ぐるみ(頭だけ)を着て、三本弦のギター(?)を手にして、入場と同時に笑いを取る作戦に出た模様です。


前半のトークは快調でした。司会を務めていただいたメロンブックスの担当者さんも、「そんな全然自信ないんですよー。殆どやったことないですしー」と言う割にはえらい場馴れした様子で(笑)、テンポよくぐいぐいと流れを作っていきます。直前の打ち合わせで、先日の名古屋のライブではえらい緊張したと言っていた茶太さんとはるかさんも、笑いの耐えない和やかな雰囲気の中で、リラックスして楽しくトークできたようです。

そして最後に茶太さんの「脱魂亜細亜」に続く超名言「人生消去法」という、ネガティブすぎて逆にポジティブなんじゃないかと思うくらい素晴らしい発言が出てきたところで第一部が終了。休憩時間に入ります。




第二部は質問コーナーとプレゼントじゃんけん大会。何故か私がにゃんこ着ぐるみをかぶって登場。せっかくの機会なので何らかの形で皆さんにご挨拶できればと思っていたのですが、あんまりでしゃばるのも何だかなぁ…と思って色々考えていたんですが、まさかあんな形になるとは思いもよりませんでした(笑。

 # でも実を言うと一度着てみたかったので、個人的には満足しています!

質問は食べ物の話題が多かったです。というか、ステーキ(笑)。ホテル・シモツキンでの寝言ステーキ事件がファンの間に及ぼした影響は多大なものがあるようで、茶太さん=ステーキという図式は皆さん周知の事実として認知されていることを改めて実感した一時でした。

そしてジャンケン大会。出演者のみなさんに持ち寄って頂いたプレゼントを皆で取り合うという豪華企画でした。ACI三部作の最後のイベントということだけあって、思い出の品も、全然関係ない品も(笑)いろいろでてきました。


 ■ プレゼント内容

 ・ACIシリーズサイン入りポスター
 ・脱魂亜細亜手ぬぐい
 ・黒餡夜露死苦!にゃんこTシャツ(2種類)
 ・魅惑のシモツキンマグカップ
 ・金ちゃんの仮想大賞で使われてる点数が表示されるアレ
 ・はるかさんが生まれて初めて同人で作ったCD&油取り紙
 ・茶太さん直筆:脱魂亜細亜てぬぐい&ポストカード用の手書き原画


終わったあとはメロンブックスの担当者さんを交えて打ち上げ。残念ながら用事で来れなかった烈火さんにはナイショ(!)で、秋葉原の「ごはん」という素晴らしいネーミングの居酒屋で美味しい料理を頂いた後に、みんなでカラオケに行きました。透明シェルターとかコンピュータおばあちゃんとか、いろいろ歌っていただきまして、いやぁもう何というか楽しく素敵な一時でございました。



サイン会の様子はまた明日…
by ancient-colors | 2005-04-04 18:51