インディーズ音楽レーベル Voltage of Imagination のブログ跡地です(2008/12/26 移転しました)


by ancient-colors

カテゴリ:なんでも相談室( 5 )

ACI なんでも相談室

お久しぶりのこのコーナーです。
web 拍手やメールで頂いたご質問にズバっとお答えします。ズバっと。


■ 質問その1

> ポストカードの絵、どうみても猿には見えないんですけど。

これはオフィシャルサイトの SHOP のページにあるイラストのことですね。ちょっと判りづらかったかも…すいません。さっきサイトの方にも補足修正しておきましたが、あれはもちろん猿ではありません。

イラストの全体像としてはガンタレ猿がにゃんこを後ろから抱きかかえている形になっておりまして、あの画像はそれの顔の部分だけを切り抜いたものです。烈火画伯のガンタレ猿の全貌は…見てのお楽しみ!ということで(^^;



■ 質問その2

> 翠霞ちゃん、ガンタレ猿・・・鳥さんの名前は何ですか?


えー…





茶太さんがよくモゲモゲ言ってるので、
トリモゲラ とかにしときますか! (何も考えていなかったらしい



すいません今度茶太さんに聞いておきます。
[PR]
by ancient-colors | 2005-02-25 18:59 | なんでも相談室

ACI なんでも相談室

諏訪間さんからメインビジュアルの色つきラフが上がってきました。
ものすごい迫力です。まさに鬼気迫る...というか子供が泣きますよこれ(笑
というわけで、ACI なんでも相談室のお時間です。


■ 質問その1

> 質問ですー。饗旺ノ烈火ってどういう意味なんですか??

ストレートなご質問ありがとうございます。えー、お答えしましょう。饗旺というのは、饗応という言葉をもじった造語です。では、その饗応の意味はといいますと...そうですね。まずは辞書で調べてみることにしましょう。

 1 : 酒や食事などを出して相手をもてなすこと。
 2 : 相手に媚びへつらうこと。

なるほど。

で、次の烈火ですが、これは言わずもがな、ボーカルの片霧烈火さんのことですね。そこで上の2つに烈火という言葉を足してみますと..

 1 : 片霧烈火さんに酒や食事を出してもてなすこと。
 2 : 片霧烈火さんに媚びへつらうこと。

...ということになります。


ここから推察するに、つまりこれは、ACI 制作チームの中におけるパワーバランスといいますか、烈火さんの持つ影響力の凄さといいますか、ただならぬ存在感を示す言葉であると言えるでしょう。回りくどい言い方はやめましょう。要するに烈火さんが ACI の裏ボスであるということをストレートに表現しているわけです。


・・・


こんなことばかり書いてると本気でシメられそうなので、真面目に答えます。

饗旺ノ烈火というのは、「激しく燃えさかり、踊り狂う炎」といったビジュアルイメージをもとに作られた造語です。言葉に込められた意味やコンセプトなどについては、また改めて触れたいと思いますが、その名が示すとおり、炎のようにうねる激情をストレートに表現した、力強い楽曲を中心とした構成になるかと思います。

完成までまだ少し時間がかかりますが、楽しみにお待ち下さいませ。
[PR]
by ancient-colors | 2005-01-13 19:24 | なんでも相談室

ACI なんでも相談室

年末からずっと異常事態が続いていて、なかなか現状復帰できません。
下手すれば1月一杯こんな調子かも...(涙

気を取り直して、ACI 何でも相談室のお時間です。


■ 質問その1

> 泰東ノ翠霞、蒼昊ノ恋歌までは何とか読めたのですが、
> 饗旺ノ烈火は何と読むのでしょうか?キョウオウ??


これは、キョウオウノレッピ と読みます。片霧烈火さんがボーカルを担当するので、当然「烈火」をレッカと読む方が多いのではないかと思いますが、実はレッピと読みます。シリーズタイトルを命名したのは bermei 氏なのですが、そこらへんのヒネクレ加減が ACI の最大の特徴といいますか、bermei 氏のこだわりというか、美学といいますか…





……


… あっ bermei さん。



… いやいや、これはですね … いやそのあの … ○×△○○※×!!!


# bermei 氏のとてもここには書けない冷酷非情な突っ込みを受けて終了。
# 饗旺ノ烈火はキョウオウノレッカと読みます。
[PR]
by ancient-colors | 2005-01-06 15:31 | なんでも相談室

ACI なんでも相談室

歳をとったせいか、最近ものの見方が変わってきました。
物事の表面だけではなく内面や周囲が見えるようになってきたというか。

決してそれはいいことばかりではなく、むしろつまらないことの方が多いのですが、そういう中でなおかつ光を失わずに煌いているものこそが、本当に人を感動させる力を持っているものなのかなと思います。

それはさておき...質問をぽろぽろと頂きましたので、お答えいたします。


■ 質問その1

> 蒼昊ノ恋歌聴きました!そこで質問ですが、
> 古街の歌詞には意味はあるのでしょうか?


もちろん、あります。古街の歌詞は、泰東ノ翠霞や森羅のように、ACI シリーズを通じたコンセプトや世界観などをモチーフとした造語で構成されております。その上で、今回はあえて詳しい意味を伏せ、語感や韻といった感覚的なイメージのみで物語を伝えるべく、ああいった形の記述に留めることにしております。


■ 質問その2

> Ancient のカタカナ表記は何が正しいんですか?
> エンシェント?アンシエント?


アンシエントです。「アンシエント・カラーズ・インフィニティ」がカタカナの正しい表記となります。長い名前ですみません...。いいにくいですよね。私もフルネームで言うことは殆どありません。いつも ACI で通してしまってます。

ですけど、街の CD ショップなどでお問い合わせ頂くときは、泰東ノ翠霞とか、そういったタイトルの方でお問い合わせいただいたほうが、間違いが無くていいと思います。「えーと、あの、何とかインフィニティってやつなんですけど・・」とか言ってしまうと、99.999% の確率で、Do As Infinity のコーナーに連れて行かれると思います(笑
[PR]
by ancient-colors | 2004-12-14 12:44 | なんでも相談室

ACI なんでも相談室

発売初日からの慌しさも少しだけ落ち着きました。ようやく少し時間が取れたので、発売日当日の様子でも書いてみようかと思いますが・・・その前に、web 拍手などで質問が寄せられておりまして、そちらをまず先に。

■ 質問その1

> bermei さんのファンなのですが、お名前は
> なんと読むのが正しいのでしょうか・・べるめい・・?


えー、これは、「べるめい」 ではなく 「べらんめい」 と読みます。

もともとチャキチャキの江戸っ子の家庭に生まれ育った bermei 氏は、昔ながらのその気質を愛してやまないどころか、もはやテレビの中などでしか見かけることのなくなった「べらんめい」という言葉を忘れないようにと、自らの名前として付けることで、その存在を常にアピールし続けているらしいです。

・・・

すいません大嘘つきました。べるめい、で合っていると思います。
合ってますよね?(^^;



■ 質問その2

> 蒼昊ノ恋歌、3曲目(いささめの花)の冒頭で音が途切れてるような箇所があります。
> これは不良品ですか?


これは演出上、意図的にそうしているもので、不良品ではありません。実はこないだの日記に書いたのもこの箇所だったんです(^^; 初めて聞く方はそう思われてしまうのかもしれませんが、そういう曲なんだと受け止めてお聞きいただけますと幸いでございます。
[PR]
by ancient-colors | 2004-12-02 02:11 | なんでも相談室