ブログ移転のお知らせ

当ブログは下記へ移転いたしました。
お手数ですがブックマーク等の変更をお願い致します。

http://www.voltagenation.com/blog
[PR]

# by ancient-colors | 2008-12-26 02:10 | おしらせ

パトス・ハメ No.0001 : バックナンバーその2

冨田明宏 責任編集メールマガジン 『パトス・ハメ』
No.0001-2 / 2008年12月23日 発行



INDEX
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. anNina 新作 natal を語るインタビュー(前編) text: 冨田明宏
2. anNina - natal 完成に寄せて text: 冨田明宏
3. 今号のパトス盤 - PICK UP DISC! - text: 冨田明宏
4. 犬が読むコラム - 責任編集後記的な何か - text: 冨田明宏
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

b0020604_17353744.gif

■ 登録方法
subscribe@voltagenation.com
こちら宛に空メール(件名や本文を書かないメール)をお送りください。
# PC, 携帯どちらにも対応しております。

■ 解除方法
unsubscribe@voltagenation.com
こちら宛に空メール(件名や本文を書かないメール)をお送りください。

※ 空メールをお送りすると、登録完了のメールが返信されます。
※ 返信されない場合はこちらで手続きを行いますので
※ お手数ですが voltagenation@gmail.com までご連絡ください。

→ 本文はこちら (index3~4)
[PR]

# by ancient-colors | 2008-12-23 18:17 | パトス・ハメ

パトス・ハメ No.0001 : バックナンバーその1

冨田明宏 責任編集メールマガジン 『パトス・ハメ』
No.0001-1 / 2008年12月23日 発行



INDEX
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1. anNina 新作 natal を語るインタビュー(前編) text: 冨田明宏
2. anNina - natal 完成に寄せて text: 冨田明宏
3. 今号のパトス盤 - PICK UP DISC! - text: 冨田明宏
4. 犬が読むコラム - 責任編集後記的な何か - text: 冨田明宏
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

b0020604_17353744.gif

■ 登録方法
subscribe@voltagenation.com
こちら宛に空メール(件名や本文を書かないメール)をお送りください。
# PC, 携帯どちらにも対応しております。

■ 解除方法
unsubscribe@voltagenation.com
こちら宛に空メール(件名や本文を書かないメール)をお送りください。

※ 空メールをお送りすると、登録完了のメールが返信されます。
※ 返信されない場合はこちらで手続きを行いますので
※ お手数ですが voltagenation@gmail.com までご連絡ください。

→ 本文はこちら (index1~2)
[PR]

# by ancient-colors | 2008-12-23 17:33 | パトス・ハメ

パトス・ハメ 第一号 index

パトス・ハメ第一号の原稿が届きました。
ただいま配信準備中ですが、これはパトス出まくりです。
何というか汁まみれな感じです。汁?

そういうウェット(?)な側面も大きな魅力のひとつではありますが、
このメルマガの一番の魅力は「新しい音楽との出会い」だと思います。

そういえば、もうすっかりCDショップに足を運ばなくなってしまいました。
足を運んだとしても、山のように詰まれたアルバムの数に圧倒されて、
人ごみ酔いならぬ「アルバム酔い」をして買うものも買わず出てきてしまう始末。

いい音楽との出会いは、偶然どこかで出会うか、
同じ趣味を持っている人にお薦めのアルバムを紹介してもらう、
の2択しかなくなってしまったんじゃないか…という気さえします。

色んな音楽を聴きたいけど、どんな音楽を聴いたらいいのか判らない。
パトス・ハメを読むことで、そんなあなたのミュージックライフに、
少しでも彩りを添えることができればと思います。

というわけで、一足先にこちらで第一回配信の index をご紹介。
配信までは、もう少しお待ちくださいませ。


音楽ライター 冨田明宏
責任編集メールマガジン 『パトス・ハメ』

No.0001 : index  2008年12月発行


 ・anNina 新作 natal を語るインタビュー(前編)
 ・anNina - natal 完成に寄せて
 ・今号のパトス盤 - PICK UP DISC! -

  1. High Places / High Places
  2. 知と性、毛布とセックス / まきちゃんぐ
  3. a day,phases / agraph
  4. little miss Alice / 深水チエ

※ 諸般の事情で内容が変わる可能性がございます。ご了承ください。



b0020604_16391286.gif

■ 登録方法
subscribe@voltagenation.com
こちら宛に空メール(件名や本文を書かないメール)をお送りください。
# PC, 携帯どちらにも対応しております。

■ 解除方法
unsubscribe@voltagenation.com
こちら宛に空メール(件名や本文を書かないメール)をお送りください。

※ 空メールをお送りすると、登録完了のメールが返信されます。
※ 返信されない場合はこちらで手続きを行いますので
※ お手数ですが voltagenation@gmail.com までご連絡ください。
[PR]

# by ancient-colors | 2008-12-19 16:41 | パトス・ハメ

natal 本日発売です!

natal - anNina 1st mini album 本日発売です!

ジャケットもデジパック仕様で非常に上品な仕上がりになりました。
店頭などで見かけられましたら、ぜひぜひお手にとってみて下さいませ。


anNina - official site (詳しくはこちらへ)
http://www.voltagenation.com/annina/

[PR]

# by ancient-colors | 2008-12-17 10:32

anNina サイトリニューアルしました!

明後日に控えた natal の発売に合わせまして
anNina のサイトをリニューアルしました!

サイトの上部にありますのは Visualizer といいまして、カーソルを持っていくと現れるフェーダーを操作することによって、ビジュアルイメージがリアルタイムで変化するというものです。natal のクロスフェードとともに流れる摩訶不思議な映像を、是非ご覧になってみてください。

なお、以降の anNina 関連情報は、新しいサイトの方で一元的に管理していく予定です。関連情報など随時告知して参りますので、要チェックです!

anNina - official site (バナーも新しくなりました)
http://www.voltagenation.com/annina/

[PR]

# by ancient-colors | 2008-12-15 19:37 | おしらせ

近日中にブログ移転いたします

こんにちは。


Ancient Colors Infinity の制作時にブログなるものの存在を知ってから興味本位で初め、長らくお世話になってきたこの excite ブログですが、諸般の事情で近々移転することになりました。

今、移転先を検討してるんですが、使い勝手だとやっぱり fc2 が一番便利なんですかねー・・・独自に開発してみようかとも思ったり、色々検討中です。

また、パトス・ハメに早速ご登録いただいた方、誠にありがとうございます!応援メッセージをいただいたりと、感謝です。面白いものにしたいと思います。がんばります。
[PR]

# by ancient-colors | 2008-12-14 21:10 | 制作日誌

冨田明宏 責任編集メールマガジン「パトス・ハメ」創刊!

以前より少し告知しておりました、メルマガがいよいよ創刊します!

いつもお世話になってます音楽ライターの冨田明宏氏と、何か面白いことをしたいなぁ…と雑談していたのがきっかけで、音楽について熱く語れるようなメールマガジンを発行することになりました。この記事の下の方に、創刊準備号として、今回の企画にかける思いを綴って頂いております。

メルマガのコンセプトは「情熱」。

Voltage of Imagination の音楽に興味を持っていただいた方々が、その閉じた世界だけではなく、より深く・より広く音楽の世界を感じて、楽しんでいただくことができるような、読み物として面白いものにしていきたいと思っています。

原稿はただいま冨田氏が絶賛執筆中!で、第一号はいつと確約はできませんが、なるべく早くお届けしたいと考えています。配信は隔週あたりのペースで行っていく予定ですので、ぜひぜひ登録してくださいませ。


b0020604_1774383.gif


■ 登録方法
subscribe@voltagenation.com
こちら宛に空メール(件名や本文を書かないメール)をお送りください。
# PC, 携帯どちらにも対応しております。

■ 解除方法
unsubscribe@voltagenation.com
こちら宛に空メール(件名や本文を書かないメール)をお送りください。

※ 空メールをお送りすると、登録完了のメールが返信されます。
※ まれに返信されない方がいらっしゃいますが、その場合はこちらで手続きを行います。
※ 大変お手数ですが voltagenation@gmail.com までご連絡ください。



「パトス・ハメ」創刊準備号--------------------------

屈し難いほどに、語りたい衝動がある。
だから、自由に語る場所を作るのだ。



――いきなり「プロ●ェクトX」臭い滑り出しですが、今回「パトス・ハメ」創刊に際して、所信表明としてまずは明言しておきたかったことです。

この「パトス・ハメ」で感じてもらいたいことは〈パトス=情熱〉です。物の好き嫌いは人それぞれですが、ひとつの対象について、なぜそこまで語ることができるのか。

それを目で見て感じてもらうだけでも、自分としては満足です。もし「パトス・ハメ」を読んで興味が湧き、その対象に触れるきっかけになってくれるのであれば、そんなに嬉しいことはありません。

「パトス・ハメ」は無料で読めます。
無料で、情熱に触れることができます。

※ 以下長々と続く文面を読むのがメンドウな人は、
※ 上記のことだけ、心に留めておいて下さい。



申し遅れました、音楽ライターの冨田明宏です。

音楽ライターという仕事を簡単に説明すると、人様の作った音楽を聴いて広く世間に紹介する。もしくは評論/批評することで、その時代における作品の評価軸形成の手助けをする、というのが主な仕事です。つまり、人様の作った音楽がないと始まらないお仕事です。

私自身、音楽関係の仕事(2年前まではRock専門でした)に携わってすでに7年以上経ちますが、毎年毎年、呆れるくらい、名曲・名盤は生まれ続けています。毎月毎週、必ず音楽に感動させられる瞬間が、何度もあります。音楽に特別な感情を抱き、寝食を惜しまず音楽を聴き狂うリスナーになって20年近く経ちますが、その間も一度だって、名曲が途絶えたことはありません。

この文章を読んでいるみなさまも同様に、音楽を聴き、激しい情動に駆られた経験があると思います。音楽で、自分が解放されたように感じること。それは悦楽とも例えられるような、なんとも甘美な毒です。一度ハマれば、そう簡単に抜け出せるものではありません。そして今も、自分の知らないところでまた新たな音楽が生まれ、感動が鳴らされている。

そのすべてを聴くことは100%不可能ですが、少しでも、世界中に溢れている素晴らしい音楽に触れたい。その感動をひとりでも多くの人と共有したい。それが例え、人知れずひっそりと鳴らされているような、無名の音楽であったとしても。



今まで、それは音楽専門誌といわれる紙媒体の役目であり、評論/批評性を牽引し、評価軸を形成する役目を負っていました。私も普段は音楽専門誌に原稿を寄稿しています。毎月、それなりに結構な量の原稿を書いています。

しかし、自分がどうしようもなく好きな音楽なのに、誰も評価してくれないことって、あるじゃないですか。実際、あると思います。私には、「それなりに結構な量の原稿を毎月書いて」いるにも関わらず、そういう音楽が五万とある。

音楽は評価されないと、その時代に足跡を残すことなく流されて、無かったことにされてしまう。再評価だって、辿る足跡がなければ見つけることはできません。

もう一回ぶっちゃけると、そういう音楽に限って、音楽専門誌には載らない。なぜか。音楽の多様化に対応できていない体制と、無理解と、“大人の事情”があるからです。“大人の事情”、なんて嫌な言葉でしょうか。でもその“大人の事情”には、年々紙媒体が売れなくなってきている現実、そして原油高による原料の高騰などなど、どうしようもない事情も含まれているのですが。



前述のとおり、毎分毎秒、どこかで素晴らしい音楽は鳴らされています。当然のことながら、すべて体感することは不可能です。それは有名、無名な音楽を問わずに。

だったら、ほんの少しだけみなさんよりもたくさんの音楽に触れる機会のある私と、私の意見に賛同してくれた素晴らしい音楽ライターのみなさん、そして様々な分野で活躍されている識者のみなさんで、思い切り好きなものを語り、それを読んでもらえるような場所を作ろうじゃないかと、考えました。僕が、ではありません。Voltage of Imagination のプロデューサー、高橋さんが、です。


そして生まれたのが、「パトス・ハメ」です。


扱うジャンルは、責任編集を任された私の都合上「音楽」がメインになりますが、基本的に自由です。時には書評家や映像評論家にも登壇してもらい、語ってもらうこともあるでしょう。時期によっては、扱うものに偏りが出ることもあるかと思います。それもパトスの一環なので、そこから“何か”を感じてください。インタビュー対象も、我々の要請を請けてくれるアーティストであれば自由です。必要であれば、対談もどんどん行っていきたいと考えています。


大事なことなのでもう一度言いますが
「パトス・ハメ」で感じてもらいたいことは〈パトス=情熱〉です。

「パトス・ハメ」は無料で読めます。
無料で、人の情熱に触れることができます。

出来る限り、みなさまに長く愛されていくものを
作っていきたいと考えております。


文責 : 冨田明宏 (音楽ライター)

■ Profile

80生の音楽ライター。音楽専門誌を中心に、評論/批評誌の分野でも活躍。執筆媒体は『CDジャーナル』、『クッキーシーン』、『テレビブロス』、『ユリイカ』、『YES MAGAZINE』、『RAY』、『remix』ほか。連載は『bounce』の「ロック!年の差なんて」、『オトナアニメ』の「AMR」などなど。著書に『同人音楽を聴こう!』、近著に『「テクノ歌謡」ディスクガイド』(すべて共著)がある。
[PR]

# by ancient-colors | 2008-12-12 17:34 | おしらせ

Voltage of Imagination 第二期

来年は Voltage of Imagination の第二期だと勝手に気合を入れています。


レーベルを立ち上げてこれまでの5年間、
思い返せば暗中模索で無我夢中の連続でした。
それはつまり恥ずかしながら、私がプロデューサーとして
未熟であったことを露呈していたわけです。

力が無かったために、不本意な結果に終わったプロジェクトもありました。
悔しさに歯噛みしたこともありました。
力及ばずに諦めてしまったこともありました。
「見とけ!いつかやってやるわ!」と空元気で何度自分を奮い立たせたか…。


ですが5年という月日は、
未熟だった新米プロデューサーに幾分かの力を与えてくれました。
大勢の仲間と大勢のファン、いくつかのビジネスパートナーにも
出会うことができ、音楽以外での繋がりも沢山できました。

そして何より、とても幸運なことに、5年かけて私は自分の為しえたこと、
そしてこれから為すべきことを見つめ、考え続けることができました。


5年間の試行錯誤は、自分の考えの芯になる部分を熟成し、
それはやがて決して折れない不屈の気持ちへと変わっていきました。

自分が関わってきた人たちに対しての恩返しの意味を込めて、
そして自分が素晴らしいと感動するモノたちへの限りない愛情を込めて、
Voltage of Imagination は第二期へ突入したいと考えています。


その第一弾として、anNina の web プロジェクトが近日スタートします。
単なる音楽製作ユニットとしてだけでなく、新しい形の自己表現を
目指すクリエイティブ・ユニットとして、独自性を貫いてみたいと思っています。

anNina のサイトは近日リニューアルの予定です。
[PR]

# by ancient-colors | 2008-12-10 02:15 | 制作日誌

錦糸町

今日は雨の錦糸町にて onoken 氏と次回作の打ち合わせをしてきました。


最近氏が非常に多忙で、AHEAD 発売後はゆっくり話をする暇もなかったのですが、ドトールで久しぶりに長話。あれやこれやと話はいろんなところに飛び交いまして、たくさんの面白そうなアイディアが出てきました。

「終わりのクロニクル」イメージアルバムシリーズ。
そろそろ次回作に向けて、色々と動き出しそうな気配です。


※ オリジナルもちょっとずつ、準備しています (^^;
[PR]

# by ancient-colors | 2008-12-09 23:20 | 制作日誌